スポンサーリンク

【海外受講】PC・タブレットで学習習慣が身につく通信教育「デキタス」がおすすめ

海外通信教育

海外在住
海外在住

子供に日本の勉強を全くやらせてないけど、大丈夫だろうか・・・

親子留学中
親子留学中

親子留学で子供は英語が出来るようになったけど、帰国後日本の勉強についていけるか不安!

子供の勉強でこんな悩みや不安をお持ちではないでしょうか?

そんなあなたにオススメなのが通信教育の『デキタス』です。

デキタスは、自分の手持ちのPC・タブレットを利用して学習するオンライン通信教育です。
海外から受講できる通信教育の中では比較的にリーズナブル。
それでいて、内容はかなりしっかりしていて顧客満足度もかなり高い評価を得ています

この記事はこんな人におすすめ!
  • 海外在住で、日本の教育課程(国語・理科・社会)を全くやってきていない
  • 子供のために通信教育を受けさせたいけど、どれを選んだら良いかわからない
  • 学習習慣があまりないので、通信教育を受けさせても続けられるか不安
  • 費用はなるべき安く抑えたい
  • 子供に付き添って一緒に学習していく時間があまりとれない

今回の記事では海外から受講が可能な通信教育『デキタス』の詳細についてご紹介したいと思います。
子供の学習のために通信教育を検討されている場合、ご参考になればと思います。

JIN
JIN

この記事を書いている僕は

  • 海外で生まれ、小学校は海外の現地校に通学
  • 10歳で日本に帰国
  • 帰国時の日本語レベルはひらがなとカタカナがなんとか書ける程度
  • 帰国後、国語・社会で超絶苦労

そんな僕が断言します。

海外在住中に日本の教育システムに沿った勉強をしておかないと、帰国後とてつもなく苦労します!

デキタスの概要

デキタス』は毎年多くの難関大学合格実績を誇る「城南予備校」や「城南医志塾」を運営する城南進研グループの講師人が監修する小中学生向けオンライン学習教材です。

学校の勉強を確実に理解していく事を目指して開発されています。学校で使用している教科書の内容に沿った授業や演習問題をこなすことで、既に学習している内容の再確認と定着を目指すプログラムとなっています。

学習の流れ

デキタスでは少しずつの『わかった!』が積み重なり、大きな喜びや自信へとつながるように教材が構成されています。このプロセスを経るために、以下のステップで学習が進められています。

【STEP1】動画視聴
デキタス サンプル動画(小3)
小学3年生 【国語のサンプル動画】

アニメーションやキャラクターが豊富に使われている動画を視聴します。
1動画5分以内なので、集中力があまりない子供でも飽きずに楽しみながら学習できます。

【STEP2】動画の内容の振り返り

「○×チェック」で授業動画が理解できたかを確認します。
○×で答えるので、日本語が苦手な子供も遊び感覚で答えれるので楽しいです。

【STEP3】基本問題を解いてみる

基本問題は10問の選択式または記述式です。動画をちゃんと見ていれば、確実に解くことができる問題ばかりです。

【STEP4】チャレンジ問題を解いてみる

基本問題で100点を取ると、チャレンジ問題がアンロックされ挑戦することが出来るようになります。

確認テストばかりだと直ぐに飽きてしまいがちになります。子供に手強い問題に挑戦させ、解けたときの達成感を味わわせる工夫がされています。

【STEP5】間違えた問題を復習する

「基本問題」「チャレンジ問題」で間違えた問題は自動で蓄積され、再チャレンジできるようになっています。自分で間違えた問題を選ぶ必要がないから苦手克服には最適です。

学習時間は短めに設定

デキタスでは学習時間は短めに設定されています。

  • 小学校低学年では授業3分 + 問題 7分の1日10分程度
  • 高学年になるにつれ、授業動画は1本2~5分+基礎問題&チャレンジ問題

低学年の内は1日10分程度の学習習慣をみにつけ、無理なく続けていくことをデキタスは目指しています。また、高学年になるにつれて少しづつ学習時間を増やしていくように設計されています。

一日当たりの学習時間が短くても、日々取り組むことが学習習慣を身につけるために重要なわけです。

JIN
JIN

例え1日30分のみの学習であっても、毎日やれば
・1週間で3.5時間

・1ヶ月で15時間

・1年で182時間
になります。

勉強をまったくやらなかった人と一日たった30分のみやってきた人とでは1年後には182時間という差が生まれます。

一回当たりの学習時間が短くても、毎日やることがいかに重要かがわかりますね。

学習習慣を身につけるための工夫

デキタスでは学習の成果や実績を記録長・グラフ・カレンダーで一目で確認することができます。

自分(子供)の頑張りを視覚化することで、達成感が得られ、またこれが学習習慣につながります。

デキタスで受講可能な科目

学年受講科目
 小学1・2年生  国語、算数、英語、生活
 小学3~6年生  国語、算数、英語、理科、社会
 中学生 国語、算数、英語、理科、地理、歴史、公民  

デキタスでは学年毎に受講をするシステムを取っています。このため、国語だけとか社会だけといったように科目別指定での受講はできません。

受講する場合はその学年で用意されている全ての科目を受講することになります。
(全科目を別にやらなくてもOK)

デキタスの受講料

入会金はゼロ円

デキタスの入会金はゼロ円ですが、海外から受講できるその他の通信教育も入会金をゼロ円としているところが多いです。なので、これに関しては特別感はあまりないです。
※入会金が必要な通信教育もあります

学年毎の受講料

  学年    月額受講費(税込み)  
小学生3,300円
中学生4,400円
※1学年全科目セットでの価格

デキタスは教材がしっかりしているにも関わらず、月額受講費はとってもリーズナブル。

小学生に至っては月々たったの3,300円。一日当たり110円。
海外(オーストラリア)でチューター(家庭教師)を雇った場合は一時間当たり$30~50くらいかかるので、いかに安いかがわかります。

学年が上がっても受講費は変わらない

他社の通信教育の多くは、学年が上がるにつれて月額受講費があがっていきます。
小学1年の時点での受講費は安くても、小学6年では倍額になってしまうところもあります。

JIN
JIN

例えばZ会の通信教育(タブレット版)は小学1年では3,520円/月だが、小学6年では8,800円/月に跳ね上がります。

その点、デキタスは小学生であれば、小1~小6までの六年間、一律3,300円/月なのでかなり良心的な価格設定になっています。

受講費以外は一切費用が発生しない

他社の通信教育は、海外から受講しようとした場合、教材の海外発送料金や海外手数料を課すところがあります。

デキタスではそういった海外手数料などは一切発生せず、月額受講費のみの支払になるので、お財布にとっても優しいです。

【参考】海外受講可能な通信教育との価格比較

通信教育教材入会金月額受講費 別途費用 
デキタスPC・タブレット0円 3,300円/月なし
すららPC・タブレット10,000円 8,000円/月~なし
ポピーテキスト0円 2,500円/月~海外発送料
Z会の通信教育タブレット
テキスト
0円<タブレット>
 3,520円/月~
<テキスト>
 4,840/月~
海外加算金
2,100円
進研ゼミ 小学講座テキスト0円5,731円/月~なし
ブンブンどりむテキスト0円5,700円/月~なし
※月額受講費は最少額を記載
※「~」がある場合は学年が上がるにつれ費用が増加

デキタスが海外在住の子供におすすめな理由

自宅のPC・タブレットで受講可能

通信教育の学習方法はPC・タブレットかテキスト(紙媒体)のどちらかになります。

テキストにはテキストなりの良い部分があるが、海外在住の場合は発送費が高額になりがちであり、さらには手元に届くまでに期間を要するというデメリットがあります。
このため、海外在住の場合はPC・タブレットで受講できるところがおすすめです

タブレットを教材として採用している通信教育には、専用タブレットを使用しているところがいくつかあります。そういったところは、海外からの受講をNGとしているところが多いです。なぜなら専用タブレットの故障や修理に対応できないからです。

デキタスでは自宅のPCやタブレットで受講できる数少ない通信教育です
このため、今すぐにでも始められるのが魅力です。

全ての授業・問題が無料で5日間体験可能!

さかのぼり学習が可能

デキタスにはさかのぼり学習機能があります。
これは学習している内容が難しいと感じた場合に、前の学年の関連分野までさかのぼって勉強をしなおすことができる機能です。

海外在住で日本の教育に馴染みがない子供にとっては絶対にあった方がよい機能ですね。

ただでさえ海外と日本では学習の進捗にズレがあるので、この機能は子供にとってメリットでしかないです。

さきどり学習が可能

デキタスにはさきどり学習機能もあります。
これは得意分野やもっと先まで学びたいという子供の欲求に対して、先の学年の関連分野までさきどりして学習することができる機能です。

海外し住んでいる子供は算数を得意とする場合が多々あるので、そういった得意分野をさらに伸ばすうえでは活用したい機能ですね。

まんべんなく全教科学習できる

海外に住んでいると、子供にはとにかく国語をやらせないといけないと思いがちです。
これはあながち間違った考えではないですが、国語だけでは不十分です。

日本の教育を受けていない子供は、帰国後国語で苦労しがちですが、それと同じく苦労するのが社会(日本史・世界史・地理)です。

JIN
JIN

小5で「都道府県」を一つも言えず、また「織田信長」の存在すら知らない状態で日本に帰国した僕は、社会でかなり苦労しましたね。

同じ苦労を子供にさせたくないのであれば、社会はやっておくべきですね!

デキタスでは、社会は小学3年から導入されているので、日本と同じ教育をしっかり学べるようになっています。

デキタス サンプル動画(中学地理)
デキタス 【中学地理】

また、算数や理科に関しても日本と海外では同じような内容は勉強するものの、学習時期が異なっていることが多々あります。
例えば、オーストラリアでは電子回路に関しては Science の授業でYear 4で学習するが、電池に関してはYear 5-6で習います。一方日本では、電池に関して小学4年で学習します。

デキタス サンプル動画(小4)
小学4年の学習 【電池の働き】

この様に、海外と日本とでは学習時期にズレがあったりするので、今後日本に帰国予定であれば理科や算数といった科目も学習しておくべきです。

デキタスでは小学生は月額3,300円、中学生は月額4,400円でまんべんなく全教科学習できるのはかなりありがたいです。

デキタスは小学校の英語教育にも対応

2020年から、新学習指導要領にもとづいて小学校での英語教育が必修化されました。

JIN
JIN

英語に関しては英語圏に住んでいるのであれば、わざわざ子供に受講させる必要はありません。そんな時間があるのであれば、国語や社会をもっとやらせましょう。

英語圏に住んでいない場合は、海外にいるうちに絶対英語をやらせた方がよいです。

『帰国子女=英語がペラペラ』というイメージが強いですが、それは英語圏に住んでいた帰国子女だけです。

英語圏以外に住んでいた帰国子女はたいてい英語が話せません。
それでも日本の小学生よりはローマ字にふれている機会が多いので、英語は多少有利でした。

ですが小学校で英語教育が必修化されてからは、帰国子女であっても下手したら日本の小学生よりも英語が出来ないなんてことになりかねません。

なので、英語圏以外に住んでいる子供は、海外在住中に絶対英語を勉強しておくべきです!

JIN
JIN

僕は子供の頃ドイツ語圏に住んでいたので、まさに英語が話せない帰国子女でした。

帰国後は国語や社会の勉強で苦労しましたが、それと同じくらい英語の勉強も大変でしたね!

デキタス 2020年英語CM(小学5年・6年)
デキタスの小学生用<英語サンプル動画>

デキタスをおすすめしない子供

デキタスは、学校の勉強を確実に理解していく事を目指し開発された小中学生用のオンライン学習教材です。学習内容はあくまでも教科書に沿った内容であり、ハイレベルな応用問題には対応していません。

このため、以下のような子供にとってはデキタスは物足りないと感じてしまう可能性があります。
(物足りないかどうかは無料体験で確認できます)

  • 帰国後、難関中学受験や難関高校受験を考えている子供
  • 日本で進学塾などに通っていた子供
  • 自主的に勉強する習慣のある子供

こういった子供にはよりハイレベルな演習問題が用意されている【Z会の通信教育】や【進研ゼミ 小学講座】などがおすすめです。

JIN
JIN

【Z会の通信教育】や【進研ゼミ 小学講座】に関しては下記記事をご参考ください

デキタスの入退会について

デキタスの無料体験

デキタスでは5日間の無料体験が用意されています。

無料体験に申し込むには、アカウント名を作成(入力する個人情報はメールアドレスのみ)し、体験してみたい学年を選択するだけでOK。

申し込み後、登録したメールアドレスにデキタスからURLが届くので、そこから無料体験を5日間できます。
無料体験申込に際してはデキタスの担当者と直接やりとりすることもないので、とっても簡単です。

全ての授業・問題が体験可能!
まずは気軽に試してみよう

入会方法

入会するには以下の3ステップで簡単にできますが、事前に無料体験をしていれば【ステップ 3】から簡単にできます。

Step 1

デキタスのサイトにある『無料体験する』をクリックして、アカウントを作成
この時点で入力する個人情報はメールアドレスのみ

Step 2

登録したアカウントでデキタスにログイン

Step 3

ログイン後に表示される『入会する』ボタンをクリックし、 入会に必要な情報を登録し完了

退会方法

退会に際しては、退会されたい月(ご利用最終月)の前月末までにメールにてデキタスに連絡すれば、簡単にできます。

【問い合わせ先】
デキタス係
info-it@johnan.co.jp

JIN
JIN

退会希望の前月までの連絡のため、最短2ヶ月は利用する必要があります。

手持ちのPC・タブレットでの受講のため、機材の返却もなければ最低契約期間もないので、退会はとっても簡単!

まとめ

通信教育の『デキタス』についてまとめてみました。
デキタスの魅力がちゃんと伝わったでしょうか!?

かなりリーズナブルな費用で簡単に受講できるので、今後日本に帰国するしないに関わらず、子供の将来のために受講を検討してみてはいかがでしょうか。

興味があればぜひ5日間の無料体験を申し込んでみることをオススメします。
合わなかったとしても、その後しつこい勧誘などはありません!

デキタスのポイント
  • 手持ちのPC・タブレットを使用するのですぐにでも始められる
  • 海外から受講可能な通信教育のなかでは、費用はリーズナブル

無料体験に必要な情報はメールアドレスのみ!
氏名、住所等の連絡先は一切不要‼

JIN
JIN

通信教育ではなく家庭教師の方が良いという場合は、コチラの海外子女向けのオンライン家庭教師の記事もご参考にしてください☟☟☟

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました