スポンサーリンク

オーストラリア渡航前に買っておいて良かった包丁と買って失敗した包丁付属品

ショッピング

飲食店のシェフとして働いていると、かならず必要になってくるのが包丁です。

オーストラリアのキッチン専門店でも良い包丁は売っているが、種類は日本ほど豊富ではありません。さらに言うと、日本の包丁も売ってはいるが、価格はかなり高め設定です。

JIN
JIN

オーストラリアで Made in Japan の包丁を買おうとすると、日本での販売価格の1.5~2倍はします!

このため、これからオーストラリアでシェフとして働く可能性がある場合は、渡豪前に日本で包丁を買っておくことをおすすめします。

また、家で普段使いの包丁も切れ味の良いものを使うと料理ははかどるし、お土産としても日本製の包丁は海外で非常に喜ばれるので、日本に一時帰国した時や渡豪前に買っておいても良いかもしれないですね。

JIN
JIN

オーストラリアでシェフとして働いている僕が、日本で買ってきて良かった包丁を紹介します。切れ味抜群でお手頃価格の包丁を探しているのであれば、参考にしていただけると幸いです。

買って良かったおすすめ包丁

包丁にも色々種類(三徳包丁、牛刀、ペティナイフ、出刃包丁、刺身包丁などなど)があり、使用用途に応じて使い分けた方がより楽しく、快適に調理ができるとされています。
とは言え、全ての種類の包丁を取り揃えるのなんて難しいし、結局のところどれが良いのか迷ってしまいがちです。

そこで、今回は実際に僕が長年使って良かった包丁2本のみを厳選してご紹介したいと思います。

藤次郎の牛刀

みなさん藤次郎(TOJIRO)の包丁をご存じでしょうか?、

日本を代表する刃物産地である新潟県燕三条で「最高の切れ味」をとことん追求している刃物メーカーです。初心者からプロの料理人まで利用している扱いやすい包丁を取り揃えており、価格も5,000~10,000円くらいとお手頃になっています。

この藤次郎の包丁の最大の特徴はやはり包丁の切れ味です。
初めて手にした時は、正直その切れ味に恐怖を覚えます。軽く指にあてるだけで、皮膚が切れてしまいます。

そんな藤次郎の包丁ですが、おすすめは牛刀です。
藤次郎の三徳包丁も悪くはないが、対応できる食材の多さを考慮するとやはり牛刀をおすすめします。

三徳包丁ではなく牛刀をおすすめする理由

三徳包丁は一般家庭でよく使われている万能包丁であり、肉・魚・野菜を切るのに適しています。刃渡りは16cm前後あり、刃も薄めのため使いやすさはるものの、その反面固いもの(魚の骨など)や大きい物(キャベツやスイカなど)は切りにくいことがあります。

それに対して牛刀は刃渡りが18cm以上が一般的であり、厚みも三徳よりあるので、大きな食材も一発で切ることができます。

包丁一本で対応できる食材が三徳よりも牛刀の方が多いので、良い包丁を一本買うのであれば、個人的には牛刀がおすすめです。

藤次郎の牛刀には様々なサイズ(刃渡18cm~33cm)が用意されています。
僕自身は『藤次郎 牛刀210mm(刃渡21cm)』と『藤次郎 牛刀240mm(刃渡24cm)』の2本を持っています。

慣れてしまえばどちらも使いやすくはあるが、使っていてもっともしっくりくるのが刃渡21cmの牛刀です。サーモンを捌くのも、長ネギの小口切りをする際にもとっても扱いやす包丁です。

一方、1サイズの大きい刃渡24cmの牛刀は正直大きすぎるので、使い慣れるのに多少時間がかかります。価格も刃渡21cmよりは高くなるので、あまりおすすめはしません。

ちなみに家庭で使うのであれば、『藤次郎 牛刀180mm(刃渡18cm)』も使い勝手は良さそうです。

JIN
JIN

藤次郎の包丁は切れ味が抜群に良いうえ、切れ味の持続もかなり長いです。

牛刀は2年くらい使っていますが、その間一度も研いでいません。

藤次郎の牛刀は海外に行く前や、一時帰国した際にはぜひ買っておきたい包丁です。

▼『藤次郎 牛刀 210mm』Amazonレビュー4.5

薄出刃包丁

出刃包丁は魚の捌くための包丁。魚の骨を切る際に刃こぼれしないように、刃元は厚くて重く設計されています。

それに対して薄出刃包丁は字のごとく刃が通常の出刃包丁より薄く造られています。このため、出刃包丁よりは重量が軽くて取り扱いやすいです。
また一般的な包丁(三徳包丁や牛刀)と比べると刃に厚みがあるので、魚を捌くのにも問題はありません。

魚をよく捌くが、出刃包丁が重くて苦手という人には特におすすめの包丁です。
海外では入手しづらい包丁なので、日本にいるうちに買っておいても良いかもしれないですね。

JIN
JIN

サーモンのように骨が柔らかめの魚を三枚におろすときにおすすめの包丁です。

実際に僕もサーモンを捌くときに、最も頻繁に利用していたのがこの薄出刃包丁です。

買って良かった包丁付属品

包丁を購入すると欲しくなるのが付属品になります。
ここでは、実際に海外に行く前に買って良かった包丁関連の商品をいくつか紹介したいと思います。

砥石

良い包丁を買うと次に欲しくなるのが砥石です。

包丁を使い続けるとどうしても切れ味が悪くなってしまいます。そんな時に切れ味を回復させるための必需品といてば砥石ですね。ところが海外では砥石は非常に入手しずらいです。というのも包丁を研ぐときにはシャープナー(包丁研ぎ機)か研ぎ棒を使うのが一般的だからです。

シャープナーは手軽に使用できるものの、切れ味の回復は一時で的なものであり、あまり長続きしません。このため、普段使いの包丁であれば切れ味の回復にはシャープナーで充分であるが、ちゃんとした包丁の本来の切れ味を回復させたい場合はやはり砥石で丁寧に研ぎたいところです。

砥石の選び方

砥石には『荒砥石』、『中砥石』、『仕上げ砥石』、『超仕上げ砥石』といろいろ種類があります。

砥石の種類

<荒砥石>
刃こぼれしてしまった包丁を研ぐのに使用する砥石。粒度は80~400程度。
一般家庭で使用することはほとんどないので、基本買う必要はない。

<中砥石>
包丁の切れ味を復活させたい時に使う砥石。粒度は600~2,000程度。
普段使いの包丁のメンテナンスに適しており、初めて砥石を使う場合はとりあえず粒度1,000を購入すると良いでしょう。

<仕上げ砥石>
中砥石で切れ味を回復させたのち、さらに鋭い切れ味に仕上げるために使用する砥石。粒度は4,000~8,000。
仕上げ砥石だけでは切れ味は回復しないので、使用する場合は中砥石→仕上げ砥石の順である必要があります。一般家庭では中砥石で充分のため、あえて使用する必要はあまりない。

日本で砥石を買って海外に持っていく場合や送ってもらう場合は、とりあえず中砥石ひとつで充分でしょう。切れ味の回復や日々のメンテナンスで粒度1,000程度のものが一つあれば十分対応できます。

▼Amazon 砥石ベストセラー1位『刃の黒幕』▼

どうしても仕上げ砥石が欲しい場合は両面砥石を買うのも一つの手です。かさばらないので、荷物の邪魔にもならず、発送してもらう場合は送料もそれほど高くないのでおすすめです。

包丁ケース

包丁の数が増えてくると欲しくなるのが包丁ケースです。自宅のみで包丁を使う分には不要だが、職場に包丁を持ち運ぶ必要があるときには、特に必要になるアイテムです。

オーストラリアで包丁ケースを入手しようとした場合、ネットで購入するしかありません。店舗では見たことがないです。しかもあまり安くはなく、種類もあまり豊富ではないです。

日本での価格は2,000円程度とかなり安めで、種類も豊富です。もし包丁を購入する予定があるのであれば、ついでに買っといても良いアイテムです。

JIN
JIN

個人的には布巻タイプの包丁ケースがかさばらなくて持ち運びにも便利なのでおすすめですね。

買って失敗した包丁付属品

中には買って失敗だったもの、あえて海外に持っていくまでもなかったものもあります。
ここでは、そんな商品を2つ紹介したいと思います。

万能砥石スタンド

砥石が滑らないように固定する台です。ほとんどのサイズの砥石にも対応しており、しっかり固定することで安定して包丁の刃を研ぐことができるようになります。Amazonでの評価も比較的高いということで、日本に一時故国した際に購入しました。

実際に使ってみての感想だが、砥石をしっかり固定することは出来るが、濡れたチャックス(不織布)の上に砥石を置いた場合とそれほど安定感に差はないような気がしました。

家でじっくり時間をかけて包丁を研ぐときはこのスタンドを使っているが、キッチンで包丁をさっと研ぎたい時は結局のところ濡れチャックスで代用してしまっているにが現状です。

JIN
JIN

個人的には、わざわざ買わなくてもいい物かなと思っています。

刃物研ぎ機

円盤型の砥石が電動で回ることで、簡単に包丁の刃を研ぐことができる機械です。

両刃・片刃ともに楽に研げるが、うまく研ぐには慣れが必要です。砥石部分が電動で回るので、刃を強くあてすぎてしまうと研ぎ過ぎてしまうので注意が必要です。また、包丁を円盤にあてて研ぐ際には容器から水がポタポタ垂れるようにできているが、この水(砥どろ)が円盤の回転による遠心力でかなり飛び散ります。一応飛び散り防止にスポンジが円盤の周りについているが、部屋の中で作業するのは避けた方がいいですね。

刃こぼれしてしまった包丁の修復にはこの刃物研ぎ機は使えるが、そもそも刃こぼれなんてそんなに頻繁におきないし、またちょっとした刃こぼれであれば荒砥石で充分修復できますので、これをあえて買う必要はないかなと思います。

JIN
JIN

これ持ってたら超便利と思い購入しましたが、普段使いでは砥石で充分なため、ほとんど使っていないのが現状です。

海外で包丁研ぎのサービスでもするならまだしも、一般家庭ではまず必要がないものですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回はおすすめの包丁を紹介しました。

オーストラリアに限らず、海外では日本の包丁がなかなか手に入りずらいのが現状です。
良い包丁は一生使えるので、海外渡航前や日本に一時帰国した際に買ってみてはいかがでしょうか。

買えば切れ味の鋭さに感動を覚え、家での料理もさらに楽しくなること間違いなしです!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました